生徒の学力を再評価しましょう!

個別指導塾での学力の向上方法

個別指導塾で生徒の指導方法として大切なのは、生徒の学力を正しく評価する事です。まず入塾する時に学力テストを行い、生徒の学力を掴みましょう。その結果を受けて、塾のスタッフと生徒及び親御さんを交えて相談する事が個別指導塾を利用する上でのスタートになります。最も大切なのは、学力向上の目的を明確にする事です。学校の授業についていける基礎学力を身につける事や、希望の学校に合格するためという場合もあります。最初の学力結果を受けて無理のない選択を、よく相談して決めて下さい。その上で個別指導が始まりますが、本人のモチベーション維持が大切なので、講師との信頼関係及び親のフォローを継続的に行い、生徒さんが勉強しやすい環境を整えましょう。

生徒の学力チェックの大切さ

個別指導塾で生徒の学力を向上させる上で大切なのは、定期的な学力評価です。通常授業での講師による指導でもある程度は把握出来ますが、重要なのは学力を数値化する事と定期的にチェックする事です。最低数ヶ月に1回は学力テストを行い学力評価を行って下さい。テストの内容も後で分析出来るよう、問題の内容も検討しましょう。テスト結果から生徒の強い所と弱い所を正確に把握し、弱い所を克服出来るよう指導方法を検討して下さい。必要があれば親御さんを呼んで生徒と共に面談を行い、学力を再評価した結果を伝えましょう。塾としても学力評価はクラス編成の判断材料になります。学力レベルに差があるようなら、同レベルの生徒さんを集めたクラス分けを行い指導すると効率的です。

高校生の塾には、対面授業を受けるものと映像授業を受けるものの2種類があります。自分のライフスタイルや性格に合ったものを選びましょう。