学習塾には、生徒一人一人を見るものから大人数を集めて指導する塾まで、形式や特徴により様々なものがあります。それぞれに良さがある一方で、生徒の成績や理解度に合わせて選ばないと学習塾のメリットを最大限に活用できずに、成績も伸び悩むことにもなり兼ねません。そこで、ここでは今回のテーマである個別指導塾に焦点を当て、まずその特徴を理解し、続いて個別指導塾を最大限に活用する方法を見ていきます。

個別指導塾の特徴を理解しよう!

個別指導塾と言っても、必ずしも少人数であるとは限らず、大人数制をとっている塾もあります。大人数をクラス分けにより少人数にし、一人の教師が全員を見るという形式があります。またクラス分けはせずに、大きな部屋で複数の教師が数人ずつの生徒を固定して担当したり、生徒を固定せずに空いている教師が生徒を回りながら指導するというものもあります。個別指導塾の特徴をまず理解し、自分に合った塾の選択に役立てて下さい。

個別指導塾で教師が担当する生徒の人数について

古くからある教育サービスとして家庭教師があります。生徒の自宅に大学生などの家庭教師が来て一定時間付きっきりで勉強を教えてくれます。個別指導塾は集団指導塾と異なり個々の生徒が自由に勉強して、それに対…

個別指導塾における学習指導の仕方について

個別指導塾では、家庭教師のようにマンツーマンで指導するケースもありますが、学年や受講教科の異なる生徒2~4人程度を、一人の先生が同時に指導するケースも多いです。同時に指導するといっても、生徒の学年…

個別指導塾のメリットとは?

生徒が自分で受講時間を設定できるのが、個別指導塾の大きな特徴です。そのため、習い事や部活動があっても計画的に学習を進めることができます。

個別指導塾の授業料について(他形式の塾との比較も含めて)

学年と回数によって変わってくる

子どもに学校以外の教育サービスを受けさせるとき、選択肢として集団指導塾と個別指導塾があります。進学を目的とするなら合格率などを重視するときもありますが、それ以外に授業料がどうなるかも考えないといけないでしょう。集団指導塾はコースが用意されていて、コースごとに月謝がいくらなどと決められています。生徒側にはあまり選択の自由はありません。個別指導塾の授業料は入塾する生徒の学年ごとに基本料金が決まっていて、1週間に何回授業を受けるかで月の金額が決まります。週1回であればそれなりに安くなりますし、平日毎日授業のある5日となるとかなり高額の授業料が必要です。受験生でないなら週2回、受験生なら週3回などにすれば負担を考慮した利用も可能になります。

教材料金で違いが出てくる

集団指導塾では多くの生徒が一度に同じ講師の授業を受けます。このときは塾から所定の教材が提供されますが、当然授業料にその教材の費用が加わります。個別指導塾の授業料も講師からの授業の費用と教材の費用があります。ただ個別指導塾には塾側が用意した教材を利用するところもあれば、生徒が用意した教材を利用できるところもあるでしょう。塾側が教材を用意するところだと授業料も高めになり、生徒が用意して塾側の教材を利用しないなら教材の費用は節約可能です。教材を塾から買うと1科目で数千円から数万円するときもあるので、教材を誰が用意するかで負担する授業料は変わるでしょう。個別指導塾であまり授業料の負担をしたくないなら、教材を生徒が用意できる塾を選びましょう。

個別指導塾を最大限に活用する方法とは?

生徒の学習の仕方の現状を知りましょう!

個別指導塾によっては、生徒が安心して勉強することができるように自習室が設けられている場合があります。学んできた勉強を自ら勉強できるスペースになっているので、すでに多くの生…

生徒の学力を再評価しましょう!

個別指導塾で生徒の指導方法として大切なのは、生徒の学力を正しく評価する事です。まず入塾する時に学力テストを行い、生徒の学力を掴みましょう。その結果を受けて、塾のスタッ…

生徒の特徴と個別指導塾の特徴とのベストマッチングについて

個別指導塾の指導方針は大きく二つにわかれます。一つは、苦手な箇所を徹底的に指導する方針で、もう一つは全体的に授業の進行状況に沿った指導をする方針です。前者では、…